災害時緊急配送

 

災害時緊急燃料優先配送サービスのご案内

画像画像

どうして燃料が必要になるの?

BCP(自然災害などへの対応計画)を定め、事業の早期再開、継続を図られて、非常用発電機を導入し、電源供給体制を構築されている企業様も増えておりますが、非常用発電機の多くは軽油をはじめとする石油燃料で稼働します。発電機が稼働している間は、継続的に燃料を供給する必要があります

どんな時に必要なの?

地震、津波などの大規模災害時はもちろんのこと、近年顕著になるゲリラ豪雨による冠水や、落雷による停電など、ますます身近に迫る異常気象による災害時にもご活用いただけます。

行政による支援があるのでは?

大規模災害時は行政の指導により、燃料の非常供給体制が敷かれます。とはいえ、災害当初は消防、警察や、地域の中核病院など、公共性が高い施設への供給が優先となり、満足のいく供給体制が整うまで、東日本大震災の際で約2週間、熊本地震の際でも約1週間かかりました。東日本大震災の経験から、熊本地震の際は供給体制の構築期間が大幅に改善されましたが、それでも3日分(72時間)、できれば1週間程度の自前での燃料確保が求められています。

弊社を選ぶメリットは?

お問い合わせ

弊社では災害無線基地局各中継所や上下水道局各ポンプ所、水処理センター、各地病院や電力会社の発電所、営業所、大手企業様の各工場などの非常用電源設備への豊富な給油実績があります。
非常用電源設備に関しては、燃料タンクの容量、設置場所、駐車場所へのアクセス方法等、事前に把握させていただかなくては非常時に対応できない場合も多々ございますので、個別具体的な内容に関しましては、下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ
ドライバー巡回中
ドライバー巡回中
ページのトップへ